2008年5月11日日曜日

資源業界、M&A件数7割増 資源業界は好景気



目次

  • セクター戦略の検討中
  • 組み込みたいセクター 第1候補
  • 組み込みたいセクター 第2候補
  • 資源業界は好景気で割高



セクター戦略の検討中


今のポートフォリオにセクター戦略を組み込むべきかどうかを考えています。


組み込みたいセクター 第1候補


現在検討している、組み込みたいと思っているセクターは

  • 生活必需品
  • ヘルスケア
  • エネルギー
になります。



組み込みたいセクター 第2候補


その次として、組み込みたいセクターの第2候補は以下になります。

  • 素材
  • 公益

「素材」「公益」ともにバリュー投資の視点から考えると、PER、PBR、配当利回りはあまり魅力的ではありません。
バリュー投資の定量的指標からは進んで投資をするのは躊躇してしまいます。


資源業界は好景気で割高


特に、現状では資源業界が活況を呈しているので「エネルギー」「素材」セクターへの投資を躊躇してしまいます。

資源業界はかなり好景気に沸いているので、PER、PBR、配当利回りの指標からはあまり魅力的ではありません。

以下は参考にしたニュースになります。
NIKKEI NET 2008/05/08
世界の資源業界、M&A件数7割増・07年総額15兆9000億円
 世界の資源業界でM&A(合併・買収)の件数が2007年に1732件と06年に比べ68.8%増加、買収総額も同18.7%増の1589億ドル(約15兆9000億円)に達したことが分かった。10億ドル超の大型案件は25件と2年前の3倍に達しており、案件の大型化が急速に進んでいる。
 米大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)がまとめた。地域別では、北米が695件と06年の約2.2倍に急増。アジア大洋州が同72.3%増の634件で、この2地域で世界全体の4分の3を占めた。

追記:セクター戦略についてはこの本に詳しく書かれていると思います。
「証券アナリストジャーナル」でもセクター戦略について書かれていた気がします。

0 件のコメント: