2011年5月29日日曜日

「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」は「JCB EIT」カードを利用しよう


目次

  • 「JCB EIT」で「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」を利用
  • メリット
  • デメリット
  • 楽天クレジットカードは「生活ほっとコース」に加入不可


「JCB EIT」で「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」を利用

「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」を利用しようと思ったら、

「JCB EIT」カードを作るのがベストです。

メリット

  • メリットは、年会費が永年無料(JCBが負担)なので、カードの維持費用が一切かからない点です
JCBのプロパーカードで

  1. 年齢制限がなく
  2. 年会費が無料なカード

は「JCB EIT」しかありません。

また、JCBのプロパーカードでないと「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」に入れません。

「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」に入れる年会費永年無料のカードは「JCB EIT」だけです。

デメリット

  • デメリット(注意点)は、JCB EITの支払いはリボ払いのみとなっています。また、元金(設定金額)を超えた利用がある場合にかかる手数料は、初回月のお支払い時は無料になりますがそれ以上では利子の支払いが必要です。
リボ払いとは「月々、一定額ずつを払うという支払方法、要は分割払い」のことです。

カードの特性上、全て自動的にリボ払いとなり、元金を超えた部分はリボ払いとなり利子を払う必要が出てきます。

そこで回避策として月々の設定金額を高く設定して下さい。

管理画面「MyJCB」から設定額は変更可能です。

JCBプロパーカードで年会費が無料+色々な特典がついているため、リボ払いを条件としないとビジネスとしてメリットがないのでしょう。
リボ払い時の利子は高いのでそこで収益を上げないと成り立たないと思われます。

もしくは、「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」に入るだけのクレジットカードと割り切りあまり利用をしないというのも手だと思います。
(JCBさんからはリットがない契約者になりますが・・・)

楽天クレジットカードは「生活ほっとコース」に加入不可

ちなみに楽天クレジットカードはJCBプロパーカードではないので「生活ほっとコース」に加入が出来ませんので要注意です!!

関連投稿

0 件のコメント: