2012年9月23日日曜日

カバードコールのリスクに要注意 高いプレミアムだけでの選択は危険

面白い記事を見つけたので紹介します。

Beware the Risks of Selling Covered Calls
訳:カバードコールのリスクに要注意

結論を先取りすると、

みんな、カバードコールが素晴らしいと推薦するが、リスクもある。
そのリスクは、オプションのプレミアムにつられてボラティリティー(変動)の高い株ばかり購入してカバードコールしていると、優良株は権利が行使されて売却され(ポートフォリオから外れ)、
最終的にゴミ株だけがポートフォリオに残ってしまう。”

確かに、その通りですね。
個別株でカバードコールをする際にはプレミアムにだけでなく、ファンダメンタル分析も併用する必要がありますね。
また、ETFでカバードコールをするというのも別の解決策でしょう。

以下に、記事の簡単な訳を載せます、かなりアバウトなので参考程度にお願いします。
Many people will advocate the selling of covered calls for monthly income and will tout monthly returns of 2-5%. They will emphasize the conservative nature of the investment and state that it is so safe that it can be done in an IRA. They will state that is safer than buying and holding stocks because you can reduce your potential loss by the amount of premium received. All of these facts are true. Even I demonstrate how you might generate a monthly income by selling covered calls.
訳:みんなカバードコールを推薦するし、月々のリターンが2-5%になると勧める。彼らは、保守的な投資で個人年金の口座でもできると強調する。彼らはバイアンドホールドよりも安全だと言う、なぜなら損失をオプションを売ったプレミアムで補填できるからだという。実際にそれは真実だ。私も「generate a monthly income by selling covered calls」(彼の他の投稿)で証明している。
But I think it is important to be fully informed. Rather than emphasize the rewards in this article, I would like to emphasize the risks. Investing involves a balance between reward and risk; you need to know both sides of the equation in order to make good decisions.
訳: しかし、私は全てを知ることが重要だと考える。利点を強調するよりも、リスクを強調したい。投資は報酬とリスクのバランスを含んでいる。あなたは、良い判断をするためにも両方の面を知る必要がある。
Compared to buying a stock outright, the risk of buying a stock and selling a covered call is indeed less.  I could certainly buy Apple stock (AAPL) at $137 per share and would be risking $137 per share should AAPL go bankrupt.  On the other hand if I did a buy-write and purchased the stock for $137 while selling the July 140 call for $5.10, my money at risk would be lower at $131.90 per share.  The problem is that my reward is capped at $140 now.  If AAPL goes to $150, the opportunity cost to me is $10 per share.  The problem is that I don’t know what AAPL will do between now and the third Friday of July.  Therein, lies the rub.  It is impossible to predict the future, so it is up to the individual investor to determine the balance of risk and reward that is acceptable.
訳:単純に株を買うことと比較をすると、株を買ってカバードコールを売るほうが明らかにリスクは少ない。私がアップル株を$137で購入して、アップル株が破産したらリスクは$137だ。一方で、アップル株を$137で購入して、”7月の$140のコール”を$5.10ショートしたら、アップル株が破産した場合のリスクは$131.90(=137-5.10)に下がる。問題は私の利益の上限が$140になることだ。もしアップル株が$150に上昇したら機会損失は$10となる。問題はアップル株の値動きがわからない点だ。そこが難しいところだが。未来は予想できないところが重要だ、そしてリスクと報酬のバランスを受け入れられるように決定するのは個人投資家しだいだ。
Option premiums are meant to reflect, to the best of the ability of professional options traders, the known risks that a particular stock will move over the designated period of time. If two stocks have the same price, but one has an option premium that is twice as high, you can assume that the one with the higher priced option has more volatility. Volatility can be good when it works in your favor but catastrophic when it doesn’t.
オプションプレミアムは期間内の株の動きのリスクを反映することになっている、プロのオプションとレーダーの能力として。もし、2つの株の価格が同じでオプションプレミアムが2倍異なっていたら、2倍のオプションプレミアムがついている株はボラティリティーが高いとためである。ボラティリティーはあなたの思惑通りに動いているときは良いが、相場がクラッシュしたときはそうではない。
If you solely pick which stocks to purchase based upon the option premium that you can get when you sell the covered call, then you are likely to end up with a portfolio of highly volatile stocks. The stocks that have gone up get called away, and you are left with a portfolio of stocks that have not gone up or worse have dropped substantially. It is very easy for a volatile stock to lose 50% of its value with a bad earnings report. A few dollars in option premium is little consolation when half your capital is gone. What you have done is accepted the majority of the risk for your stocks but given up the majority of the reward. That is almost a guarantee that you will eventually lose money when selling covered calls. 
もし、あなたか単にカバードコールのために高いオプションプレミアムが貰える株をを選んでいるなら、あなたのポートフォリオは高いボラティリティーばかりになる羽目になるかもしれない。上昇した株は権利が行使されてポートフォリオから外れ、あなたのポートフォリオに残るのは上昇せずに下落した株ばかりになる。高いボラティリティーの株が悪い決算のニュースで50%下落するのは簡単なことだ。投資額の半分が失われた場合に、わずかなオプションプレミアムは慰めにもならない。あなたがしていることは、株式のリスクの大半を負い、しかし報酬の大部分を諦めるということです。カバードコールを売った時点で最終的にお金を失うということはほとんど保証されている。
Lest I scare you, it’s not that selling covered calls are bad. It can be a useful technique to enhance income in a portfolio that you would otherwise be holding for the long term. But, if you are just picking stocks that pay out the highest premium, you will ultimately be disappointed. 
あなたを怖がらせてはいけない、カバードコールが悪いわけではない。長期保有と異なる方法で収入を増加させるテクニックとしては有効だろう。 しかし、高いオプションプレミアムだけで株を選択した場合、あなたは最終的には失望させられるだろう。

<参考にしている本>

kindle経由でアメリカから直接買うのが最もコストパフォーマンスが良いでしょう!

<関連投稿>
Collar(カラー)をするなら、プットの買いは期間が長いほうが良い
「プットの買い」がイン・ザ・マネーになったら要注意、放っておくと自動的に株が売却されるそうです
キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)とは
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: