2014年10月19日日曜日

意識が高い系週末起業本 「週末起業チュートリアル」を読みました

週末起業チュートリアル (ちくま新書)
藤井 孝一

を読みました。

内容はとても真面目です!

真剣にフリーランスや週末起業を考えている人には参考になると思います。


私も、将来的にフリーで働けたら楽しそうだなと妄想はしていますが、実際にはハードルが高いと感じています。


この本は、かなり意識が高い系の週末起業に関する本ですね、私はそこまで真面目に取り組めなさそうです・・・

そういえば、以前 粗大ゴミの回収に来ていた若いお兄ちゃんは、夏は海の家、春秋冬は適当に粗大ごみの回収とかをして生活してると言っていました。

私なんかは起業と聞くと、ついついこっち系の楽そうな仕事を想像してしまいます。

または、「焼き芋売り」とか。

「昔の焼いもは「石焼」でなくて「壺焼き」だって知ってた?」で初めて壺焼きイモを知りました。それはそれで面白そうです。興味のある人はぜひリンク先を読んで下さい。面白い記事です。)


それよりかは、「節約をしてインデックスに投資をした方が儲かるよな~」何て考えてしまします。


頑張って種銭を作って、若い時から長期運用ができれば、株はかなり効率的に稼げる手段だと思います。働くより割りがいいのではないかとさえ思ってしまいます。


というわけで、まじめに週末起業を考えている人には面白いと思いますが、怠け者な人はちょっと読むのが辛いですね、そこまで頑張れないです。



個人の起業という意味では似ていますが、橘氏の方が節税などを目的としていて経済合理性があります。



労働は美徳とは思えないんですよね~

不労と投資を併せた本とかがあったら面白いと思うんですが、あまり見当たりません。ちなみに、トレーディングは労働ですよね。

0 件のコメント: