2016年11月24日木曜日

市場が荒れている時は下手に動かない

トランプ大統領が登場して想定外に米国株は上昇しています。

対して、先進国は多少の下落、新興国は大幅下落という状態です。


ボラティリティーが大きな相場環境なのでトレーディングをするには面白いかもしれませんが、下手に動くと大きく損失を出す可能性があるので、私はあまりトレーディングをしていません。(オプショントレーディングを含めて。)

昔は相場が大きく動いたときに積極的にトレーディンにチャレンジしていましたが、あまり上手くいかなかったので、最近はひたすら様子を見ています。

まあ、給料やボーナスが入って資金に余裕が出来たら追加投資はしますが、レバレッジをかけた積極的なトレーディングは控えています。

相場のボラティリティーが大きくて、方向がわかりにくい時は、インデックスのバイアンドホールドが一番ですね。

どうしても投資をしたいのであれば、リバランスをするのが良いと思います。

(リバランスをして投資熱を下げるのも一つの方法だと思います。)

0 件のコメント: