2016年11月19日土曜日

「上場インデックスファンド日本高配当(1698)」を全て売却 NISA口座

「上場インデックスファンド日本高配当(1698)」を全て売却しました。

保有口座はNISA口座です。

トランプ相場で日本相場は急騰しています。

私が保有している「上場インデックスファンド日本高配当(1698)」もプラスになったので、全株式を売却しました。

NISAはトレーディング用の口座として利用しているので、利益が出たら躊躇なく売却をしています。

そもそも、長期投資のためのNISAとは言っていますが、NISA口座は収益がプラスにならないと全くメリットがありません。(プラスの場合は税金が免除されますが、マイナスの場合は損益も通算できないで踏んだり蹴ったりです。)

配当を貰いつつ、NISA口座で3~4年目くらいにプラスの収益がでて売却というストーリーがベストなんですが、いつプラスになるかは誰にもわかりません。

ということで、もう少し保有をしていたいという気もしていましたが売却をしました。

余った資金はIPO投資かVanguard FTSE Europe ETF(ヨーロッパに連動するETF)に使う予定です。

NISA口座は長期投資用と宣伝していますが、どう考えても長期投資用のシステムになってないですよね・・・。

<おすすめの投稿>
NISA口座でNISA枠を上手く使い切る方法
複数年のNISA口座で同一銘柄を保有している場合 保有する年を指定して売却することはできない

<関連投稿>
「NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型ETF(1577)」と「上場インデックスファンド日本高配当(1698)」の配当金の支払われ方の違い

0 件のコメント: