2012年6月28日木曜日

【オプション】ディープ・アウト(イン)・オブ・ザ・マネーになるとなかなか取引が成立・約定しない

オプション取引を実際に始めて判ったんですが、

ディープ・アウト・オブ・ザ・マネーのオプション、コール(call)でもプット(put)でも
なかなか取引が成立・約定しませんね。


ちなみに、
10%以上ストライクプライスが現在の株価より離れていた場合が"Deep"と定義するそうです。
感覚的に、ストライクプライスから5段階以上(オプションの取引リスト上で)離れていると、著しく取引が難しくなる印象があります。

実際に相場を見ていても全く取引が成立しないことが多々あります。
さらに、権利行使日が2ヶ月以上先立ったりするとさらに流動性が少なくなります。

この辺りのことは本には、「流動性が低くなる」位しか書かれていないですが、
経験をすると「流動性が低い」の意味が凄く良くわかるようになります。

<関連投稿>
【オプション】Deep In the money の定義

<まとめ>
カバード・コールのまとめ

0 件のコメント: