2014年12月14日日曜日

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)を追加購入

ブリティッシュ・アメリカン・タバコはイギリスの企業で、世界で2位のタバコ製造販売企業です。

もともと追加投資を検討していたのでこのタイミングで購入しました。


最近、ちょうど株価が下がっていたので、個人的には良いタイミングで購入できたかなと思っています。(安いなと思って買うと、さらに下がることは良くありますが、それはバリュー投資の宿命ですね。)

バリュエーションですが、割高ではありませんが、凄く割安でもないという印象です。

過去の水準からみると、普通ですね。





PERは17.7倍、

配当利回りは4.52%、

PERや配当利回りなどの指標だけを見ると、フィリップモリス(PM)の方が割安です。

タバコ銘柄のバリュエーションとしては適切な水準だと思います。

タバコ銘柄は、訴訟の問題など想定外のリスクがあるので、割安に取引される傾向があります。コツコツと追加購入をするには向いているセクターだと思っています。

人気がでて割高になりやすい業界だと(グロース株になりやすい)、株も割高になりやすく、追加購入のコストがかさみます。


シーゲル氏の、通称「赤本」は長期でのタバコ銘柄の分析が参考になります。

0 件のコメント: