2014年12月13日土曜日

オプション取引 MO(アルトリアグループ)のキャッシュセキュアードが失効する

ショートしていたMO(アルトリアグループ)のプットオプションが12月13日に失効しました。 


株価がストライクプライス以上だったので、

ショートしていたプットオプションはそのまま失効となります。

ショートした際に入金されたキャッシュは全額収益になります。
(オプションが失効になると、バイバックの費用がかからないので助かります。)


ただ、今回はショートしていた単位が非常に小さかったのであまり利益になっていません。

普通は、遅くても限月の1週間前にはバイバックをするのですが、今回は株を購入しても良いと思っていたのでバイバックをしませんでした。

バイバックをしないでそのまま放っておいたら無事、失効していました。

なお、限月(失効日)の数日前に突然株価が急落する場合があるので、購入するつもりでないプットオプションは早めにバイバックをするのが良いと思います。

Firstradeも日本人の口座開設を再開したぽいので、しばらくコツコツとオプションでお金を稼ぐ予定です。

<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: