2015年2月27日金曜日

アメリカのタバコ大手3社が総額119億円支払い

アメリカのタバコ大手3社が、総額119億円支払いで健康被害訴訟を和解するそうです。

具体的な企業は、

フィリップモリス(Philip Morris)

RJレイノルズ・タバコ(RJ Reynolds)

ロリラード(Lorillard)

だそうです。

この手のニュースがコンスタントに出るので、タバコ会社への投資は精神的にヒヤヒヤします。

おかげでバリュエーションが安く、割安に放置されることが多いのも事実ですが・・。


フィリップモリス(Philip Morris)とRJレイノルズ・タバコ(RJ Reynolds)、ロリラード(Lorillard)の米たばこ大手3社が、喫煙が人々の健康にもたらした害をめぐる400件超の訴訟について、総額1億ドル(約119億円)の支払いで和解したことが分かった。原告側の弁護士事務所の1つが25日、声明で明らかにした。 
 訴訟は、喫煙者とその家族が、喫煙による健康被害の賠償を求め米フロリダ(Florida)州の裁判所に対して起こしていたもの。和解に基づき、アルトリア(Altria)傘下で米最大のたばこメーカーのフィリップモリスと同2位のレイノルズがそれぞれ4250万ドル(約50億円)、ロリラードは1500万ドル(約18億円)を支払う。

0 件のコメント: