2016年2月11日木曜日

ゆうちょ銀行 預金金利を引き下げ

ゆうちょ銀、9日に金利下げ=通常貯金は0.02%―日銀マイナス金利の影響拡大 

ゆうちょ銀行の、通常貯金・定額貯金・定期貯金などの金利が下がるとのこと。

日銀のマイナス金利政策導入への措置だそうです。


具体的には、普通預金に当たる通常貯金が0.020%(従来0.030%)に引き下げられるそうです。

まあ、個人投資家にとって0.01%の変化はあまり関係ないですが、こういった対応だけは素早いんですね。


そう考えると、しばらく使用しないお金は「年0.05%の最低利率が保証」されている「個人向け国債(変動・10年)」に投資するというのはありだと思います。

(私個人は、現時点で現金の比率を上げるつもりはないので“個人向け国債(変動・10年)”に投資する予定はありませんが、商品としては有利だと思っています。)

最近の本でも、簡単な「個人向け国債(変動・10年)」の解説があります。


信じていいのか銀行員 マネー運用本当の常識



<関連投稿>
マイナス金利の影響でMMFが販売停止
日銀がマイナス金利を導入 個人向け国債(変動・10年)は良い選択肢

0 件のコメント: