2016年9月24日土曜日

老後に必要な資金はいくらなのか

資産運用の目的に一つに老後の資金の確保があります。

個人的には、アーリーリタイアもしくはセミリタイアにも興味があるので、老後の資金にいくら必要かというニュースや記事などはチェックをしています。

アーリーリタイアやセミリタイアをする際にも、老後資金を確保した上で余裕資金がいくらあるかで判断するのだと思います。

老後に必要な預貯金2875万円…貯蓄より投資に移行!? 資金運用は4年連続増
「豊かな人生を考える」調査結果によると、老後に必要な預貯金は平均2875万円
本人または配偶者が退職した世帯の1カ月の生活費は平均22万円 
老後資金は3,000万円らしいです。調査や記事によりこの金額は上下することは多いですが、感覚的に3,000~5,000万円位な気がします。

3,000~5,000万円より余裕があるという金額で、1億円(億り人)をアーリーリタイアの基準としている人が多いのだと思います。

生活費は平均22万円だそうです、老後になっても思いのほか生活費がかかるという話は良く聞きます、意外と食費や医療費がかかるみたいですね。

個人的にはある程度の資金があれば、ダウンシフトをしつつ、セミリタイアを経てアーリーリタイアをしたいですね。



<お勧めの投稿>
ダウンシフトやアーリーリタイアなら配当金重視も合理的
40代でセミリタイアするには8,640万円が必要
アーリーリタイアまたはダウンシフトと投資の相性は良いと思う
「減速して自由に生きる: ダウンシフターズ」 は良書です

0 件のコメント: