2011年9月5日月曜日

Covered Call 10の非常識


面白いコラムを見つけたので紹介します。

Covered Call戦略における10の非常識、一般的と思われているが実は適切でない行動・ポジションを紹介しています。

アメリカではメジャーな「Value Line」の記事より、
10 Covered Call Myths (or “Myth Conceptions”)」が原文です。

「カバード・コールの10の神話」というタイトルなので、まあ「カバード・コールにおける10の非常識」みたいな意味だと思います。
Much of what you are told about covered call writing, even by many so-called “experts,” is wrong – or, at least, less than 100% accurate. This week, we explore ten myths about covered call writing that you may have heard. Perhaps the key word here is “always,” as in always explore your alternatives - rather than always pursue exactly the same strategy.
カバード・コールの専門家・エキスパートと言われる人々も間違ったアドバイスをしている、このコラムでその間違いを指摘します。キーワードは”常に”です。(感覚で訳すと:エキスパートも間違えたアドバイスをしている、もしくは100%正しくはない。それを10個指摘する、キーワードは”常に”かな、たぶん”常に”正しい戦略なんかないんだよ)


1. Always write out-of-the-money covered calls on non-volatile stocks.
This a good strategy if you know for certain that the stock is not going to move.  But nothing in life is certain. Bristol Myers Squibb Co (BMY), for instance pays a dividend yield of 4.47% per annum.  With the stock at $28.70, you can write the September $31 call against it and bring the yield up to 7.36%.  But this might not be the best strategy.  According to our model, the call is priced way too cheaply with a premium of only $0.12 versus our estimated premium of $0.45 (see Figure 1 below).  Over the past year, BMY has traded over a 12% range, having hit a low of $24.95 in April and a high of $29.56 on July 21st. The call offers only 1.07% downside protection, which is not much considering that BMY has incurred monthly losses of more than 2% in 23 of the 84 months of the past seven years.
1.”常に”アウト・オブ・ザ・マネーのボラティリティーの低い株式でカバード・コールを行う
良く「常にアウト・オブ・ザ・マネーのボラティリティーの低い株式でカバード・コールを行う」方がいいとアドバイスされるが、あまりにオプションのプレミアムが低いと意味がない。株の値動きに対してオプション・プレミアムが低すぎる場合は株価が下落した場合のプロテクションにもならない。=要は、あまり低いプレミアムのオプションはカバード・コールしても無駄だよ。

2. Always let your calls expire worthless if they are out-of-the money.
Many investors assume that all options have their fastest rate of time decay just before expiration.  That is not always the case with out-of-the-money calls.  Often they tend to reach a low premium “junk” level several weeks before expiration, offering little in the way of further yield or downside protection. The cost of rolling these calls can be a lot less than many people think, especially if the bid/ask spreads are reasonable.  Often, one can narrow the spreads even further by entering a price limit on your rollover order.

2.アウト・オブ・ザ・マネーのコール・オプションは”常に”無価値になる
多くの投資家はオプションの満期直前に価値の減少が早くなると仮定している。しかし常にではない。アウト・オブ・ザ・マネーのコールは数週間前にほとんど価値がなくなることがある。そのようなコールオプションをローリングすることは多くの人が考えるよりも少ない費用ですむ。特にビット/アスクのスプレッドが小さい場合は。=要は、プレミアムが低いなら満期を待たないでショートしているコール・オプションを閉じた(クローズ)したほうがいいよ。

3. Always let your stock get called away if the call is in-the-money.
Often investors are reluctant to incur a cash loss closing out a short call that has moved in-the-money, and are therefore willing just to let their stock get called away. You do not need to do this, however.  Even if the call is in-the-money, there is a good chance that you can roll it to a later expiration for a credit, and not have to spend cash.  Often, you can find the new positions that have attractive combinations of yield, protection and profit potential.

3.コールがイン・ザ・マネーなら”常に”権利を行使される
投資家はイン・ザ・マネーになったコール・オプションを閉じるために現金を失うのを嫌がる、そして株を売らされてしまう。しかし、そんな必要はない、コールがイン・ザ・マネーであれば次の期限のオプションにローリングすればいい。もっと魅力的なオプション(ポジション)があるはず=要は、オプションがイン・ザ・マネーになると現金を使ってオプションをクローズしたくないからオプションを行使されて株を売る場合があるけど、イン・ザ・マネーならポジションをクローズして次の期限のオプションを売ったほうがいいよ。

4. Always write short-term calls against your Stock.
Shorter-term covered at-the-money covered calls offer you the best results if the stock doesn’t move very much. However, there are plenty of instances where the shorter-term covered call will underperform the longer-term covered call on the same stock with the same strike. If the stock rises sharply, the longer-term covered call is less likely to give up some of the upside, while if the stock falls precipitously, the longer-term call will, in most cases, give you more protection.
4.”常に”期限の短いコールを売るべき
株価が動かない場合は、期間の短いアット・ザ・マネーのカバード・コールを売るのが最も良い結果になるだろう。しかし、同じ株式・同じストライクプライスで期間の短いコールが期間の長いコールより悪い結果になった例が沢山ある。=要は、常に期間の短いコールを売るのが最良だとは限らない、期間の長いコールを売った方が儲かる場合もあるよ。

5. Covered calls are always riskier than stocks.
In fact, they rarely are.  Most studies show that covered call writing is less risky on average than just owning stocks, with steadier cash flow and fewer losses. However, covered calls have some risks of their own. The first risk is the so-called “opportunity risk.”  That is, when you write a covered call, you give up some of the stock’s potential gains. One of the main ways to avoid this risk is to avoid selling calls that are too cheaply priced.
Another risk to covered call writing is that you can be exposed to spikes in implied volatility, which can cause call premiums to rise even though stocks have declined. However, you still will be able to keep the original premium at expiration.
5.カバード・コールは”常に”株式よりもリスクが高い
 実際、カバード・コールの方が単純な株式保有よりもリスクは低い。ただ幾つかリスクはある。機会損失:株式の値上がりを諦める必要がある。その他はインプライド・ボラティリティーにさらされるなど~。=要は、カバード・コールは株式のバイ・アンド・ホールドよりもリスクは少ない。


6. Covered calls are always better than cash-covered puts.
Because it involves owning the stock, many investors assume that covered call writing is always preferable to writing cash-covered puts.  True, there may be some cases where it might be easier to exit a covered call than a put write, but in most instances, the risks are the same.  Often, the yield and the protection offered by the premium can be the deciding factor on whether to do the covered call or the comparable cash-covered put.
Also, the strike price of the option and your expectations are important. If you expect the stock to end up below the strike price, then you might prefer writing the covered call, since if things go as planned, you do not have to buy back the call. Alternatively, if you expect the stock to end up above the strike, then the cash covered put may be preferable because the put expires worthless.

6.カバード・コールはキャッシュ・カバード・プットより”常に”良い
株式を保有しているということに起因しているが、多くの投資家はカバード・コールの方がキャッシュ・カバード・プットより優れていると仮定している。確かにそういう場合も多いだろう。しかし殆どの場合、リスクは同じである。~。=要は、カバード・コールもキャッシュ・カバード・プット(キャッシュ・セキュアード・プット)もリスクは同じだから、どちらかが常に優れているわけではないよ。

7. It is always bad when your stock gets called away before expiration.
In many cases, early exercise of your in-the-money short call can be a gift.  This is because you are getting more money delivering the stock at that strike price than you get if you simultaneously sold your stock and bought back the call.  The only time you stand to lose is when there is a ex-dividend before expiration.  If the call gets exercised before the so-called “ex-dividend date” (i.e., the date in which the holder of the stock is identified to receive the dividend), then you lose your right to collect the dividend.
7.満期前にオプションが行使されるのは”常に”悪いことだ
多くの場合、満期前にオプションが行使されるのはプレゼントである。なぜなら、オプションをバイ・バック(買い戻す)して株式を売るよりも、あなたは多くの現金を手に入れる事ができるから。例外は配当前の場合だけど。=要は、満期前にオプションが権利行使されるのも悪いことばかりじゃないよ、オプションを買い戻して株を売るコストを考えたら、沢山現金が手に入るわけだし。

8. Always avoid writing covered calls in volatile markets.
Often selling premium, when the rest of the world is buying it in panic, can be the best thing you can do.  First of all, there are times when put buying is just too expensive, and the only viable hedge is to a write a call on your stock.  Often, the reward/risk potential of such a transaction is very attractive. Our track record tends to show the best performance for covered calls following dips in the markets.
8.”常に”変動の大きい相場ではカバード・コールを避けるべきだ
しばしば、プレミアムを売ることがあなたが出来る最良のことである。パニックではそれを買ってくれる。まず第一にプットを買うことはコストが高くなりすぎている、唯一実行可能なヘッジはあなたの株に対してコールを売ることだけだろう(カバード・コールのこと)。しばしばリスクに見合った報酬として非常に魅力的なことが多い。私たちのトラック・レコードでも最もよいパフォーマンスを示す傾向がある。=要は、パニック相場(ボラティリティーが大きい相場)の方がカバード・コールのパフォーマンスが良い傾向があるから、むしろそのような相場で取引した方が良いよ。

9. Always avoid combining covered calls with other option strategies.
There is no reason why covered calls cannot be combined with other strategies. For instance, many investors write a portfolio of covered calls and then hedge themselves against stock market risk by buying less expensive index options.  Other investors combine put and call purchases on other stocks along with their covered calls. Our track record data suggests that such allocations can help the portfolio when stocks make a big move in either direction.
9.”常に”カバード・コールと他のオプション戦略は組み合わせるべきでない
カバード・コールと他の戦略を組み合わせない理由はない。例えば、インデックス・オプションでヘッジしたり、プットやコールを購入したりと他の戦略と組み合わせている。~。=要は、カバード・コールと他のオプション戦略を組み合わせるのはありだよ、特に特定の方向に相場が大きく動いている場合は有効だよ。

10. Covered calls are always unsuitable for Retirement Accounts.
Quite the contrary!  Covered calls are almost ideal for retirement accounts such as IRAs, since they offer income and protection. Moreover, the unwanted tax consequences that can occur with covered calls in regular investment accounts are almost never a problem in retirement accounts.  Most brokers allow covered calls and cash-covered puts writing in IRA accounts, and many allow option purchases and limited risk spreads as well. (See “Using Options in Your Individual Retirement Account,” Ot090323.pdf in our Reports Archive.)

10.カバード・コールは常にリタイアメント・アカウントで運用すべきでない
反対です、むしろリタイアメント・アカウントの方が税金上向いています。(日本では関係ないのでこれ以上は割愛します。)

英語はあまり得意じゃないので誤訳も多いかもしれません。訳していない箇所も多いです。詳細は英語版のコラムを確認して下さい。多分、コラムの要点としては【”常に”という考えをしないで、状況に応じて柔軟に考えるべき】だと思います。

※明らかな誤訳があるようだったらすみません、参考にしないで下さい。



4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

5.カバード・コールは”常に”株式よりもリスクが高い


=要は、カバード・コールは株式のバイ・アンド・ホールドよりもリスクは少ない。

矛盾していませんか? 私の理解力がないだけでしょうか?

ishi ppon さんのコメント...

コラムの題名が「Covered Call 10の非常識」という題名なので、各章の見出しは非常識の例が書かれています。

「Covered Call 10の非常識」
→「5.カバード・コールは”常に”株式よりもリスクが高い」
→それは非常識の一例で、実はリスクが低いという文章の構成です。

誤解されやすい内容を逆説的に表現してるみたいです。

5番の内容としては、カバードコールのリスクは低いということであっています。(個人的には上値を制限されてしまうカバードコールの機会損失リスクは思った以上に高いと思いますが・・・)

匿名 さんのコメント...

「矛盾していませんか?」とコメントしましたが、私が題名の趣旨を見落としていました。

すいません。 おっしゃる通りです。

返信ありがとうございます。

ishi ppon さんのコメント...

いえいえ、直訳でいまいちわかりずらいと思います。

私も英語は苦手なんですが、強調するために逆説的な表現にしている気がします。