2011年9月9日金曜日

Covered Call 株価急落時の対処法

面白いコラムを見つけたので紹介します。

ishipponのお気に入りのブログ「born to sell」より、「Stock Repair」の記事を紹介します。

記事の内容としては、「株価急落時の対処法」ですかね、当然カバード・コールやオプションを含めた内容です。

面白いのは記事の最後の方の「6.Traditional options-based stock repair.~」と「最後のしめの文章」です。

以下から記事の紹介&訳です。
If you were long any stocks between mid-July to mid-August, 2011, then you most likely experienced some of this pain:
訳:もし2011年の7月中旬から8月に株式を保有していたら、パニックを経験していたよね。

Ouch! Nothing like a 2000 point drop in the Dow in a few short weeks to get your attention. Assuming you didn't panic sell you are still holding stocks that are probably below your cost. Here are some ways to repair your stocks. 
訳:ダウは1・2週間の間に2000ポイントは下落した。 あなたがパニックで株を売却しないで保有していれば多分評価損だと思う。そんな時の対処法を紹介するよ。

What To Do When Things Go Wrong
One question we get asked a lot is: What do I do if the stock I bought for the purpose of writing call options falls in value below my break even point? Do I sell the stock? Do I write a call with a strike price below my break even point? Something else?
Well, it depends. There are a few ways to think about it:
訳:物事が悪い方向に進んでいる場合はどうする? 
よくある質問だ。カバード・コールをする為に買った株式の株価がブレーク・ポイント以下まで下がったらどうする?株を売るべき?ブレーク・ポイント以下でもカバード・コールをするべき?などなど。そんな問題について考えてみよう。

1.Are the reasons you purchased the stock in the first place still valid? Are you comfortable with the company's prospects for the next year or more? If so, keep the stock and think about how to optimize income and upside potential by writing short-term out-of-the-money options as often as possible.
訳:1.あなたが株を購入しようとした目的は有効ですか?翌年以降の会社の見通しに満足ですか?そうなのであれば、株を保有したまま短期のアウト・オブ・ザ・マネーのオプションをショートすることでインカムゲインと値上がり益を効果的に利用できます。
要約:株を購入した根本的な理由が変わっていなければ、短期のアウト・オブ・ザ・マネーでカバード・コールをしなよ、インカムゲインと値上がり益の両方が狙えるよ。

2.Is there another investment you like better than the fallen one you now own? If so, you may want to switch to the new investment. You don't want to do this too often, though. There are transaction costs and could be tax consequences. Plus, investing is a game of patience where you need to give your investment choices time to work out.
訳:2. 今投資しているよりも良い投資がありますか?もし、あなたが他の投資にスイッチすることはできます。ただ、あまり頻繁なスイッチは良くない。取引コストや税金の影響もある。加えて、投資は忍耐が必要だし時間が必要だ。
=要約:他にもっといいポジションがあったら、そっちに変更をしてもいいよ。だけど、あんまり変更するのは取引コストや税金面でもお勧めしないよ。

3.Are your position sizes and diversification still within normal bounds after one or more positions have made significant moves? If not, then maybe time to make an adjustment (could be a partial adjustment, no need to get radical).
訳:3.大きなポジションの動きがあったあとでも、あなたのポジションの分散はノーマルな範囲ですか?もし違うようであれば、調整が必要なタイミングだよ(部分的な調整であって、根本的な調整は必要ないけど)
要約:大きく暴落して、想定以上にポジションが変化したら調整が必要なサインだよ。

4.You just want to get back to even (or minimize future losses) and are interested in some kind of stock repair for a given position.
訳:4.=要約:あなたがイーブン(損失を最小限)にしたいだけなら、幾つかの方法がある。

Stock Repair / Recovery Choices=株のリペアー/リカバー

1.Sell the stock. Cut your losses and move on. This is the only option that removes future downside risk.
 訳:1.株を売る。損切りをして他に移る。将来の値下がりのリスクを取り除く唯一の方法。

2.Buy puts. This will let you sleep at night but can be expensive (and you maybe should have bought the puts before the position crashed...).
訳:2.プットを買う。こうすれば夜もゆっくり眠れる、しかし高価だ。(それに、本当はポジションがクラッシュする前にプットを購入するべきだったんだろう・・・)

3.Do nothing. Wait for the stock to recover a bit before writing any more options against it. Patience.
訳:3.何もしない。パニックの前の水準に株価が戻るまで待つ。
(←現実的かも知れないがあまり参考・アドバイスにならなないかも・・・変にバタバタ動くよりかはいいのかもしれませんね。)
4.Sell new covered options with enough time premium so that if called you will get back to break even or better. You want to sell an option so that the strike + option premium is greater than your current cost basis. This can be risky if the option you are selling expires after the next earnings announcement, so be aware of that.
訳:4. 新しいカバード・コールのオプションを売る、十分なプレミアムがある、トントンになるか少しましになるコールを。「ストライクプライス+オプションプレミアム」が現在のコストを上回る水準のオプションを売る。ただ、リスクがあるオプションではある、次の業績予想の後などでは。~。
=要約:ストライク・プライスとオプションのプレミアムを足して、現在のコストとトントンになるくらいの長期のカバード・コールをする方法もあるよ。
(←コレはあまりに株価が下がった場合は難しい戦略ですね、少しくらいの値下がりならリカバーできるとは思うけど。)

5.Buy more stock. This is the 'average your price down' strategy. If you liked it at $20/share you must love it at $10/share, right? Double down to lower your cost to $15/share. There are mixed opinions on this strategy among pros, but everyone admits it is widely used. As long as the reasons why the stock went from $20 to $10 are recoverable you could do okay with this strategy, although it does require more capital and increases your risk to the company. For call writers, you can buy more stock to lower your basis and then write calls on the whole lot (at a new, lower strike now that your basis is lower) so that if called the overall position will make money. But be careful with this -- you don't want to throw good money after bad if the company has turned into a permanent loser.
訳:5.訳は省略します。要は「ナンピン買い」を進めています、下がった株価で買い増しをしたら平均購入単価が引き下げられますということをアドバイスしています。(←ishipponはナンピン買いリスクが高いのであまりしない方針です。)

6.Traditional options-based stock repair. This zero-cost strategy lowers your cost and increases your odds of breaking even but has the downside that the best you can do is break even and it leaves you exposed to further downside movement. It involves a ratio call spread with a cost of zero (or near zero). Say you owned 100 shares with an adjusted cost basis of 50 and the stock is now trading at 40. You could buy 1 call with a strike of 40, and then sell 2 calls with a strike of 45 (all 3 with the same expiration date). The goal is to receive 1/2 the cost of the 40 strike for each of the two 45 strikes you sold so that the net cost to you for the spread is zero (i.e. maybe you pay $200 for the 40 strike you bought but you receive $100 for each of the 45 strikes you sold, so a net cost of zero). If the stock recovers half way (to 45) by expiration then you break even on your original investment. If the stock shoots up to anything over 45 then you also only break even. If the stock is below 45 at expiration then you may make or lose a little and can do it again the following month.
訳:6.伝統的なオプション 基本的な株式のリペアー。このゼロコスト戦略はあなたのコストを引下げ取引をイーブンにする確率を上げてくれる、しかしマイナス面としてブレークイーブンが最善となること、下落局面のリスクにさらされる点がある。これはゼロコスト(ほぼゼロ)のratio call spreadに含まれます。調整後の価格が$50の株式を100株保有しているとして、現在$40で取引されている。ストライク・プライス$40のコールを1ユニット買うことが出来る、あわせてストライクプライス$45の2ユニット売ることが出来る(全てのオプションは同じ期限)。ゴールは$40のコールを買った費用の1/2を$45のコールを売った分で受け取ることだ、そうすれば費用はゼロである。(例:$40のコールを買う費用が$200、$45のコールの1ユニットのプレミアムが$100×2=$200。費用はゼロ)。
もし、期限までに株価が半分($45)まで回復したら、そのときは当初の投資により損益はイーブンになる。
もし、株価が急騰して$45を超えた場合、損益はトントンになる。
もし、期限までに株価が$45より下なら、少し損をする、そして同じことを次の月も出来る。
要約:株式のリペアー:ゼロコスト戦略について。例:$50で100株取得し、現在価格が$40の場合、ストライク・プライス$40のCallを1ユニット買う(ロング)する。同時にストライク・プライス$45のCallを2ユニット売る(ショート)する。(Callを買った費用をCallを売った費用で相殺する&Callを買うことでnakedの売りにならないようにしている)
ポイントはストライク・プライス$40のCall×1ユニットを買っているので、200株の平均購入単価は$45になる点。株価が$45になればイーブン、それ以上の上昇でもやはりイーブンです。
(←唯一、オプション戦略のアドバイスですね。実際にコストや手間を考えたら有効かは微妙ですが、こういう戦略もあると知っておくのは有益だと思います。)

Because stocks are so liquid it can be difficult to be disciplined about giving them enough time. With just a click of the mouse you can be back to cash or buy some other stock you like better. But it's difficult to time the market and you risk being whipsawed. Nothing hurts more than watching the thing you just sold at a loss shoot back up into what would be profitable territory for you. Sometimes the best repair strategy is a bit of patience and after the stock has recovered a bit then sell a new covered call on it at a strike that will result in a profit if called.
訳:株はとても流動性が高いため、十分な時間をとることな場合があります。ただマウスをクリックするだけで現金に戻せたり、もっと良い株を買うことができます。しかし、マーケットタイミングを計るのは困難かつ二重のリスクがある。(訳は省略)時々、最良のリペアー戦略は少しの忍耐をして、株価が回復してきたらコールされても利益がでるコールでカバード・コールをすることです。


【ishipponとしての感想】

一番最後にシンプルな結論が書いてあります。

相場が急落
回復を待つ。忍耐!
株価が回復
コールの権利を行使されても利益がでる水準まで回復してきたら、カバード・コール戦略をまた始める

まあ、もっともシンプルなアドバイスですが、手間もかからないし有効かもしれませんね。バリュー投資の観点から、割高な株を買っていなければ極端な下落は避けられると思いますし。カバード・コール戦略を始めるタイミングも意外と早く来るかもしれません。

2 件のコメント:

しろくま さんのコメント...

ishipponさんはじめまして。
最近、この(仮称)マッタ~リ バリュー投資を発見して、全ての記事を拝読させて頂きました。オプション関連のブログが少なく、さらに
Covered Callのブログは皆無に近かったので、とても興味深く勉強させてもらっています。また次の記事も楽しみにしています。

ishippon さんのコメント...

>しろくまさん

コメントありがとうございます、励みになります。確かにあまり多くありませんが、KAPPA氏の「医学と投資についての随想」は非常に質が高く私なんかより詳しいのでとても参考になるかと思います。