2012年1月14日土曜日

カバード・コール戦略がS&P500を大きくアウトパフォーム

カバード・コール戦略のリターンを調査した資料の紹介をします。

「オプション取引におけるカバード・コール戦略」です。
http://www.nikkoam.com/files/fund-academy/newsletter/pdf/news_20111206.pdf

流石は「日興アセットマネジメント」が作成した資料だけあり、カラーでとても見やすいです。カバード・コール戦略の利点が良く判らないという人は参考になると思います。

要点は、

・サブプライム・ローン問題などによる2008年初めから2009年3月頃までの下落相場でカバード・コール戦略がS&P500を大きくアウトパフォームしている

・それ以外の年では、同程度かそれ以上のリターンとなっています→下落相場にも強く、それ以外の期間でもそこそこ良いリターンである

個人的にはカバード・コール戦略は万能ではないと思いますが、リターンを補完する根拠は確認できていると思います。

ちなみに、私はカバード・コール戦略によるトレーディングよりも、ポートフォリオのボラティリティーを下げつつリターンを補完する目的で利用しています。

ちなみに、本記事は「日興アセットマネジメント」が作成した資料です。最近この手の記事を散見しています。もしかしたらカバード・コール戦略も少し流行っているのかもしれませんね。

0 件のコメント: