2013年5月6日月曜日

プットとコールを両方売っている(ショート)している場合 コールの取引の方が難しい

プットとコールを両方売っている(ショート)している場合、
個人的にはコールのコールのバイバックの方が難しいです。

これは、統計・科学な話ではなく、個人的な感情の問題なのですが、悩む場面が多くあります。

株を長期で保有するのは私の投資方針に沿っているため、プットが権利行使されて強制的に株を購入させられてもあまり気にしません。

逆に、コールが権利行使されて強制的に売却させられるのはあまり好ましくありません。(私の投資方針は株の長期保有ですし、強制売却で手数料がとられるのも困ります。)

ということで、プットは権利行行使日の直前まで取引をし、
コールは権利行使日よりも1〜2週間ほど余裕をみて取引をしています。

そうすると、ついついコールは高い値段でバイバックをしたり、焦って取引をする事が多くなり、利益にならない事が良くあります。

プットの売買の方が冷静かつ合理的に取引が出来ている気がします。

本とかには書かれていませんがいざ取引をしてみると気になる事が多いです。

0 件のコメント: