2013年5月19日日曜日

コールの買い(ロング)のストライクプライスの選び方

コールの買いをするのであれば、
株が急騰した場合:アウト・オブ ・ザ・マネー
それ以外の場合:アットorイン・ザ・マネー
のリターンが良くなります。

株価が急ピッチで上昇、もしくは急上昇した場合にはアウト・オブ ・ザ・マネーのコールのロングが有利です。

それ以外の場合、基本的にアットorイン・ザ・マネーのコールのロングが有利です。

要するに、
大穴狙いであれば、アウト・オブ ・ザ・マネーのコールのロング(買い)。
これから株が急上昇するという確信・予想するのであればアウト・オブ ・ザ・マネーのコールの買い。

手堅いインorアット・ザ・マネーのコールのロング(買い)。
どうなるのかわからないが、儲かる確率が高い方を選びたいというのであればインorアット・ザ・マネーのコールの買い。

下記の本ではその理由を数字で検証していますが、色々と長いのでブログでは結論と簡単な抜粋だけになります。
Out-of-the-money LEAPS, for example, are suitable under two sets of circumstances: a very rapid run-up in the price of the stock, or a significant price increase by expiration
アウト・オブ ・ザ・マネーは株価の上昇のペースが早い場合、期限日までに株価が急上昇した場合に適しています。
One can conclude from this that out-of-the-money option,even out-of-the-money LEAPS,are best suited when a relatively quick run-up in the price of the underlying stock is expected. Otherwise, at-and in-the-money option will generate better returns.
アウト・オブ ・ザ・マネーは株価が上昇した場合。一方、アットorイン・ザ・マネーはベターなリターンが得られる。(リターンが良い確率が高い)

参考にしている本
Understanding Leaps: Using the Most Effective Option Strategies for Maximum Advantage

0 件のコメント: