2015年5月16日土曜日

2015年5月16日 小松製作所 (6301)のPER・PBR・配当利回り



小松製作所(6301)は定期的にウォッチしている銘柄です。

コモディティー価格に大きく影響はされますが、業界としては新規参入があまりないオールドエコノミーで、株価も市況によって割安になることが多い銘柄です。

シクリカル銘柄(景気敏感株)ですね。

このタイプの銘柄は、市況により割安に購入できるチャンスがあるので、好きです。


また、コマツは商品市場に大きく左右されるビジネスモデルなのに、安定的に利益を上げて配当を継続している点は凄いと思います。

ただ最近は業績があまり良くないようです。

「優等生」コマツを追い込んだ、2つの"誤算" リーマン危機以来の異常事態に打つ手なし?
2015年度(2016年3月期)は売上高が1兆8800億円(前期比5%減)、本業の儲けを示す営業利益が2210億円(同8.7%減)と、減収減益を予想している。

コマツが期初時点から営業減益予想を発表するのは、リーマンショックの影響をモロに受けた2009年度以来、6年ぶりのこと。

2014年度は、売上高1兆9786億円(同1.3%増)、営業利益2420億円(同0.7%増)で着地した。多くの輸出企業と同様、円安の恩恵を多分に受けていながら、売上高、利益とも横ばいを維持するのがやっとだった。

原因としては、

・中国事業の売り上げ減少

・3年以上続いている鉱山機械の需要縮小

だそうです。






不振の要因を考慮しながら今後の業績を予想をすることはかなり困難なので、個人的には業績の予想はできないと考えています。

業績の予想をしないのであれば、長期で保有をして配当を再投資する銘柄として業績が悪くて割安な今の時期に仕込んでおくというのも面白いと思います。

ちなみに、業績の予想をしないというプロ(ファンドマネージャー)もいるそうです。
投資は「きれいごと」で成功する――「あたたかい金融」で日本一をとった鎌倉投信の非常識な投資のルール

コマツは典型的なシクリカル銘柄(景気敏感株)なので、素直にPERを使いにくいというのが難しいですね。

PERが高い時に買い、PERが低くなったら売るという方法もあることを頭に入れておいた方が良いでしょう。(←景気敏感株への投資方法)

単純なPERの高低よりも、PBR、配当利回り、長期でのEPSの水準を総合的に見るのが有効だと思います。

個人的には、個別株に資金を回す余裕がないので、もうしばらくコマツへの投資は保留です。(保留というか、したくてもできない感じですが・・・)




0 件のコメント: