2015年5月6日水曜日

オプション取引 手間がかからない運用はカバードコールとキャッシュセキュアードプット

オプション取引で手間がかからない運用はカバードコールとキャッシュセキュアードプットで、

しっかりとヘッジの準備をしておくことだと思います。


ヘッジの準備ですが、

【カバードコールの場合】

原資産(株・ETF)をしっかり用意してからコールをショートする

原資産を用意しないことを、ネーキッドと呼びますが、ネーキッドのコールショートはとても危険なのでしてはいけません。株価が急騰した場合の損失が無限大です。


【キャッシュセキュアードプットの場合】

現金をしっかり用意してからプットをショートする

カバードコールト違い保有しているキャッシュ以上のプットもショート可能ですし、コールのショートに比べれば大幅な損失のリスクは多少減りますが、やはり危険ではあります。



しっかりと、原資産や現金を用意している場合、損失が限定されているので悠然と構えて投資ができます。

最悪、権利が行使されても問題ないというスタンスで待っていられるのは大きなメリットです。

このメリットのおかげで、取引回数が一気に減ります、だいたい1ヶ月に1回ほど取引をすれば問題ありません。

オプションと聞くと、トレーディング主体で取引回数が多いイメージがしますが、しっかりとヘッジをしているカバードコールやキャッシュセキュアードプットであれば、そんなにあくせくと取引をしなくても十分です。



<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: