2013年1月22日火曜日

「Van Hulzen Asset Management」の紹介 カバードコールを採用しているファンド

「Van Hulzen Asset Management」を紹介します。

詳細については、「Van Hulzen Interview」を見てください。

Born to Sell」はいつも面白い記事が紹介されているので要チェックです。

 「Van Hulzen Asset Management」は「the Iron Horse Fund (ticker IRHAX)」という、

カバードコール戦略を採用したファンドを運営している会社です。



ファンドの運用期間は18ヶ月だそうですが、ファンド設立よりも前に同じ戦略を11年運用してきたとのこと。

11年間、S&P500を年率平均3.2%アウトパフォームしています。

ファンドの運用方針としては、
組入れ株式は配当とフェアバリュー(バリュー株)から選択し、
リターンの50%を配当とカバードコールのプレミアムから、もう50%を原資産の株式の成長から見込んでいるとのことです。

カバードコールについては、
基本は10%のアウト・オブ・ザ・マネーで、限月は7ヶ月が平均だそうです。
もう少し短い期間や低いストライクプライスも取引をするそうですが、
週単位のトレーディングや、5~15セントの少ないプレミアムの取引はしないそうです。

また、同じ株(原資産)で複数のストライクプライスや限月を設定して税金対策を含めて選択肢を増やしていると。

70-80%のオプションがアウトオブザマネーで終了するそうです。
もし、期限日にインザマネーであったらファンダメンタルから見てバイバックするべきかを決めるとのことです。

プロの運用方針がわかるのはとても勉強になりますね、
ストライクプライスや限月の設定は参考になります。

<関連投稿>
バリュー&カバード・コールで運用するファンド 「Neiman Large Cap Value Fund's」

<参考書籍>

0 件のコメント: