2017年3月29日水曜日

帝国電機製作所  株主優待で「1,000円分の図書カード」

目次
  • 帝国電機製作所 (6333)の株主優待
  • 1,000円分の図書カードは換金しやすい
  • キャンド(無漏洩)ポンプ最大手
  • バリュエーション
  • チャート
  • ストラテジックキャピタルも投資
  • まとめ

帝国電機製作所 (6333)の株主優待

株主優待で
  • 200株以上1,000株未満・・・・・・1,000円分の図書カード
  • 1,000株以上2,000株未満・・・・・3,000円相当のカタログギフト
  • 2,000株以上・・・・・・・・・・・5,000円相当のカタログギフト

1,000円分の図書カードは換金しやすい

1,000円分の図書カードは換金しやすいので便利です、株を追加購入する資金に充当することもできます。
図書カードは、株主総会決議通知に同封されるとのことです。また、カタログギフトは7月上旬にカタログが発送されるそうです。

キャンド(無漏洩)ポンプ最大手

キャンド(無漏洩)ポンプの最大手で国内シェア約6割、世界4割弱となっています。北米の企業を買収したり、中国の大連に工場があります。
2016年3月の売上高は204億円なので、ニッチな市場で高シェアという会社です。

バリュエーション


株価:1,100円
予想PER:21.78倍、予想EPS:50.5円、PBR:0.96倍、配当利回り:1.27%
PBRは1倍割れなので、定量的にはバリュー株の分類ですね。
配当利回りはあまり高くないです。

チャート

長期のチャートです、過去から見ると割高でもなく割安でもないという、微妙な水準な気がします。

ストラテジックキャピタルも投資

ストラテジックキャピタルも投資をしている企業です。
ストラテジックキャピタルは丸木氏(村上ファンドのメンバー)が率いるファンドで、現金を持ち過ぎている企業に株主還元を迫るアクティビストファンドです。

まとめ

換金しやすい「1,000円分の図書カード」が株主優待として貰えつつ、ニッチな業界で高シェアの手堅い事業をしているバリュー株というところですね。
優待を貰いつつ長期保有するというのも面白いと思います。
個人的に、株主優待はおまけだと思っているので、単純に優待のみを目的として株を買うことはありません。あくまでビジネスモデルが優れているので投資をしており、おまけで優待を楽しめれば良いというスタンスです。

関連投稿

0 件のコメント: