2017年3月1日水曜日

資源大手の業績が大幅改善 アングロ・アメリカン、BHPビリトン、グレンコア

資源大手、銅価格の反騰で業績大幅改善か
莫大な銅鉱山資産を有する世界的資源大手の一部は今、大きく報われようとしている。英アングロ・アメリカン、英豪系BHPビリトン、スイスのグレンコアは今週、通年、もしくは下期の決算を発表する。
資源関連の大手企業は寡占化が進んでいるので、プレーヤーが限られています。
銅価格は過去1年で30%以上も急騰し、1年前には奈落の底をのぞき込む状況だった各企業にロケット燃料を提供した。アングロとグレンコアの株価は過去12カ月間に3倍以上に上昇。ブラジルの鉱山で発生したダム決壊事故という逆風に直面してきたBHPの株価も6割を超える上昇となった。 
株価が上昇しているタイミングで投資をするのは危険ですね。株価が上昇する前に仕込んでいた人は大きく勝てたのではないでしょうか。(羨ましいですね。)
銅価格反発の一因となってきたのは、世界で生産される銅の40%以上を消費する中国の経済刺激策である。
中国が公に公表している指標は信じられませんし、中国の景気を予想して投資をするのは難易度が高いと思います。
グレンコアは銅の供給を減らす直接的な行動に出た。2015年にアフリカの大規模鉱山を閉鎖したのだ。同社は石炭や亜鉛の価格を引き上げるために、その生産の一部も同様に中止した。
資源関連は寡占化が進んでいるので、供給を絞ることができるのは強みだと思います。

資源関連の企業に投資をするタイミングは、市況が悪くなり、各社の業績が大幅に悪化している時がベストです。(かなり胆力が必要なのでお勧めはしませんが・・・。)

0 件のコメント: