2013年3月30日土曜日

原油価格と失業率には相関関係がある

原油価格と失業率には相関関係がある

アメリカの失業率と原油価格はかなり連動しているとのことです。
「オイルショックが経済に打撃を与えるには、十分な理由があります。産油国が世界のマネーを吸い上げれば、誰かにそのツケが回る。収益が落ちた企業が事業から撤退をはじめ、雇用がうしなわれるのです。」

原油価格はGDP・経済成長に大きく影響

原油価格はGDP・経済成長にも大きく影響を与えるとのことです。
「地球最後のオイルショック」は”ピークオイル=石油枯渇”について書かれた本ですが、かなり綿密に取材がされており読みごたえがありました。

ピークオイルについて分析

ちなみに、この本は投資本ではなく。政治や科学的な視点からピークオイルについて分析した本になります。
「すでに世界では60の国で石油はピークアウトしているのだ。」などの指摘は衝撃的です。

資産運用という観点から考えると、リーマンショック以降、原油高騰はあまり騒がれなくなりましたがオイルに投資するというのもリスクヘッジという観点からありだと思っています。

特に、オプションを利用してカバードコールなどが出来るのであれば、オイル系のETFを保有しながらプレミアムをもらうという戦略も面白そうです。

地球最後のオイルショック デイヴィッド ストローン

0 件のコメント: