2013年3月19日火曜日

オプションの用語解説 ローリング・アップ・ダウン・アウトについて

【ローリング・アップ】
オプションのストライクプライスを上げる一連の取引になります
※期間を延ばすわけではありません

【ローリング・ダウン】
オプションのストライクプライスを下げる一連の取引になります
※期間を延ばすわけではありません

【ローリング・アウト】
オプションの限月までの期限を延ばす一連の取引になります


具体例1として、
限月:4月、ストライクプライス:80ドル、コールをショートしていた場合に、
限月を5月に延ばしてストライクプライスが80ドルのままであれば”ローリング・アウト”になります。

具体例2として、
限月:4月、ストライクプライス:80ドル、コールをショートしていた場合に、
限月を5月に延ばしてストライクプライスが85ドルに上げた場合は、”ローリング・アップ&アウト”になります。

週末投資家のためのカバード・コール、KAPPA (著)
がお勧めです、用語の解説がもっと詳しく載っています。当然、ローリングについても書かれています。


<お勧め本>


<関連投稿>
オプションのポジション調整の用語
【記事の紹介】 アルファの源泉としてのカバードコール戦略 参加メモ
カバードコールの限月までの期間の目安 1~3ヶ月がお勧め
期限前にオプションの権利が行使されるかどうかの目安を紹介
カバード・コール オプション戦略の有効性を表すのは難しい
カバードコールのリスクに要注意 高いプレミアムだけでの選択は危険
Collar(カラー)をするなら、プットの買いは期間が長いほうが良い
「プットの買い」がイン・ザ・マネーになったら要注意、放っておくと自動的に株が売却されるそうです
キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)とは
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: