2013年9月13日金曜日

中国・韓国は割安、インドネシア・フィリピンは割高

新興市場が売られ気味ですが、一概に割安というわけではないようです。

輸出型の経済である、中国・韓国は割安です。

中国のPERはわずか8倍程度(金融危機時の2008年10月の底からわずか 6%高い水準)
韓国指数のPERも8倍程度です。

逆に、インドネシア、フィリピンは少し割高です。

インドネシアのPERは12倍位で過去平均を 20%上回っています。
また、アセアンの中で最も割高なのはフィリピンでPERは18倍位です。(過去平均は14倍位)

0 件のコメント: