2013年9月23日月曜日

バリュエーションの比較 PM:Philip Morris International、BTI:British American Tobacco PLC、MO:Altria Group Inc


目次

  • タバコ産業は高配当


タバコ産業は高配当

高配当銘柄といえば、タバコ産業があります。

メジャーなタバコ銘柄のバリュエーションの比較をしてみました。

銘柄株価PERPBR配当利回り配当
PM90.4716.71-4.15権利:3・6・9・12月下旬→支払:翌月中旬
BTI107.5716.348.683.90権利:3・8月中旬→支払:5・10月中旬
MO35.5514.0722.555.36権利:3・6・9・12月中旬→支払:翌月中旬

  • PM:Philip Morris International
  • BTI:British American Tobacco PLC
  • MO:Altria Group Inc

5年間のリターンで見ると、PM>MO>BTIとなります。
株価は似たり寄ったりの動きですね。

PERで比較すると大体同じ、MOが少し2社よりも少し割安です。
アメリカ国内のみの展開ということで少し割安なのかもしれません。

PBRですが、PMはBPSがマイナスなのでPBRがでません。
BTI、MOもかなり高いです。
一般的なバリュー投資の指標で考えれば投資不適格です。ただ、PBRは業界により水準が大きく異なるので、タバコ産業内で比較をする指標とした方がいいです。(他業種のPBRとは比較しない。)

設備投資があまりかからない、斜陽産業に属しつつ、新規の参入もしにくいセクターです。
今後、政府による規制や訴訟が増えていくと予想されます。
リスクが高いぶん、収益から見ると割安に放置されている印象を受けます。

個人的には新興諸国の成長をとりこめる、PM、BTIが面白いと思います。

関連投稿


0 件のコメント: