2013年9月4日水曜日

優良株は大幅ディスカウントにはならない

最近、高配当ディフェンシブ銘柄に興味があり色々と調べています。
業績が安定している高配当銘柄で配当再投資をしようか検討中です。

シーゲル氏の本でも、安定して高配当をしている株を長期保有して配当を再投資をした場合のリターンが優れていると書かれています。
当然に、安定して成長をつづける株が大幅にディスカウント(割安株)となるチャンスはめったにありません。
チャンスを待ちすぎて投資機会を逃すよりか、そこそこなバリュエーションで購入してもリスクは少ないと思います。
それこそ、ドルコスト平均法で購入単価をならす投資戦略もあります。

20年スパンの長期投資と腹をくくるのであれば、物凄い割高でなければコツコツと購入しても損失は少ないと思います。個人的にはPERが20倍近辺を一つの基準としています。

日本の銘柄だと、

・日本たばこ産業(JT)
・花王
・アサヒグループホールディングス
・キリンホールディングス
・サッポロホールディングス
・味の素

がメジャーなところではないでしょうか。

あと、多少の景気循環・業績の低下を受け入れるのであれば

・信越化学工業
・キヤノン
・セコム

なんかを、安値を狙いながらコツコツと買い集めるのもいいかもしれません。

最近、カジノ構想の話が話題です。セコムなんかは警備会社として株価が上がったりするかもしませんね。

「マッタリ=省エネ」というのが投資のコンセプトです。
デイトレードのようにあくせく投資をしたくないので、高配当銘柄を長期保有して配当再投資には興味があります。

株式投資 第4版
ジェレミー・シーゲル


<関連投稿>
「高配当株で配当金生活」が羨ましい
「株式・Jリートで賢く稼ぐ! 配当パワー投資入門」を読みました
そろそろ中間配当の季節、配当再投資について
現実的な運用利回り・リターンを目指す

2 件のコメント:

九八六 さんのコメント...

仰るように、ディフェンシブセクター株が極端に割安になる事は滅多にないので、どこかで踏ん切りをつけないと買いにくいですね。

日本株はこういった物をよく目にするので、今では全くノーマークなのですが、高配当+小売のハードオフや、葬儀屋などの内需小型株に興味があります。

ishi ppon さんのコメント...

面白い記事の情報ありがとうございます!

よく日本企業のROA・ROEは低いと言われていますが、図示されるとその差が歴然としていますね。

そう考えると長期投資よりも、2~5年位のスパンでバリュー株を保有して、平均への回帰を狙うほうが効率的かもしれませんね。