2013年9月8日日曜日

Kimberly-Clark、Johnson & Johnson、Procter & Gamble、Unileverの長期チャート

高配当銘柄を長期保有し配当再投資をすることを考えています。

世界の生活必需品・ヘルスケアのトップ企業、10年のチャートを比較してみました。


紫:S&P500 +57.89%
緑:Unilever +107.28%
オレンジ:Procter & Gamble +71.15%
赤:Johnson & Johnson +51.89
青:Kimberly-Clark +101.07%

Kimberly-Clark > Unileve > Procter & Gamble > Johnson & Johnson

キンバリークラーク、ユニリーバ、プロクター・アンド・ギャンブル、ジョンソン・エンド・ジョンソン

どの銘柄もS&P500にアウトパフォームしていますが、
10年間で見ると「Kimberly-Clark」「Unileve」のリターンが突出しています。

ちなみに、一般消費財とヘルスケアをごっちゃにしているので正確な比較ではないでしょう。

一般消費財では、世界一位がプロクター・アンド・ギャンブル、二位がネスレ、三位がユニリーバ。

ディフェンシブ株になるので、配当再投資と長期保有に向いていると思います。

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
ジェレミー・シーゲル


<関連投稿>
優良株は大幅ディスカウントにはならない
「高配当株で配当金生活」が羨ましい
「株式・Jリートで賢く稼ぐ! 配当パワー投資入門」を読みました
そろそろ中間配当の季節、配当再投資について
現実的な運用利回り・リターンを目指す

0 件のコメント: