2016年10月11日火曜日

老後に1億円が必要な理由

老後に1億円が必要と言われていますが、実際にはどうなんでしょうか?

そんな疑問を感じている人は他にもいるようです。

この記事を書いた人も1億円は必要ではないのではないかと考えているようです。

老後の資金1億円って本当?どう準備する?
「ゆとりのある生活に必要な老後資金は1億円」とよく言われています。「1億円」と聞くと気の遠くなるような数字に感じられるでしょう。では、この1億円という数字はどこから出てきたのでしょうか?
そうなんですよね、私もなぜ億り人(一億円)なのか凄く気になっています。
・最低日常生活費 平均22.0万円
・ゆとりある老後生活費 平均34.9万円
と言われているそうです、最低日常生活費も意外と高いですね。
夫婦2人で老後を過ごす期間を25年(60歳から85歳まで)とすると、
「34.9万円×12カ月×25年=1億470万円」
が、ゆとりのある老後を過ごすのに必要な資金ということになります。
記事では、上記の計算が一億円の根拠ではないかと推論しています。

確かに、単純計算ではそうなります。


この記事の結論は、年金や資産運用をすれば1億円もいらないのではないかという内容になっています。(細かい計算がされているので詳細は記事を参考にして下さい。)

個人的にも、「年金」&「若い時は積極的に運用する」&「年をとってからも保守的ではあるが運用を継続する」ということを組み合わせれば1億円も必要ではないのではないかと思っています。

4,000~5,000万円で、ダウンシフト(収入が下がっても、労働時間を少なくする)

7,000~8,000万円で、アーリーリタイア

というライフスタイルを選択することも可能なのではないかと思います。

一度ダウンシフトしたりアーリーリタイアした後でも、必要であれば働いてもいいです。柔軟に労働することを視野に入れればそこまでの資力を一気に貯める必要はないのではないかと思います。



<お勧めの投稿>
40代でセミリタイアするには8,640万円が必要
老後に必要な資金はいくらなのか
アーリーリタイアまたはダウンシフトと投資の相性は良いと思う
「減速して自由に生きる: ダウンシフターズ」 は良書です

0 件のコメント: