2016年10月1日土曜日

40代でセミリタイアするには8,640万円が必要

アーリーリタイアやセミリタイアにとても興味があります。

この手の話題に関連した情報はチェックしています。


憧れのバラ色人生!「40代でセミリタイア」遊んで暮らせる貯金額は?

という記事があったので紹介します。

記事によると、40代でセミリタイアするには8,640万円が必要だそうです。

老後に必要な資金はいくらなのか

では、「老後資金は3,000万円」とのことなんで、結構開きがあります・・・。

8,640万円はかなりハードルが高いと感じます。多額の資産を相続した、事業で成功した、株で大きく儲けたなど、特殊な要因がないとなかなかたどり着けない金額です。特殊な要因がない限り、40代でこの金額に達するのは困難だと思います。

本記事のコンセプトは〝遊んで暮らす”事だそうです、記事の試算は以下になります。
〝遊んで暮らす”ことを考えると、娯楽や家族のことを考えた上でセミリタイア~
基本的な生活費に加え、子どもや娯楽でかかるお金として月にプラス8万円、つまり月に18万円使うことを考えてみます。40歳でセミリタイアをするとなれば、80歳までに必要なお金は、18万円×12か月×40年間 = 8,640万円。
記事の後半にも書かれていますが、「副業」「投資」を組み合わせることも一考の余地があります。


今回も思ったことは、基準が1億円に近い金額となっているということです。

一般的に1億円(億り人)がアーリーリタイアの基準となっている感じがします、一般論もこのあたりの試算から導かれているんですかね。



ちなみに、ひとり配当金生活の管理人も投資で1億円を稼いでリタイアをしているみたいです。(アーリーリタイアに関する記事が豊富なので読んでいて楽しいHPです。)

個人的にはある程度の資金があれば、ダウンシフトをしつつ、セミリタイアを経てアーリーリタイアをしたいです。



<お勧めの投稿>
ダウンシフトやアーリーリタイアなら配当金重視も合理的
老後に必要な資金はいくらなのか
アーリーリタイアまたはダウンシフトと投資の相性は良いと思う
「減速して自由に生きる: ダウンシフターズ」 は良書です

0 件のコメント: