2017年2月2日木曜日

配当利回りだけで選ぶと危険 倒産しない会社を選ぼう

高配当銘柄に投資をするのは久しぶりですが、

高配当銘柄への投資は常に検討をしているので、買いたい候補などはすぐに思いつきます。


投資の経験が浅いと、ついつい配当利回りでスクリーニングして高配当な銘柄を選びたいところですがこれは危険です。

会社が倒産したら配当どころではないです、高配当銘柄の長期投資で大切なのは、倒産しそうにない会社を選ぶことです。

個人的にこの観点で見ていくと、

アサヒグループホールディングス
キリンホールディングス
味の素
花王
日本郵政
NTT
KDDI
日本取引所グループ

ディフェンシブ系やインフラ系の事業内容の株はそう簡単に倒産はしません。

東芝や東京電力なども傾いてしまうことがあるので、銘柄を注意深く選ぶことはとても大切です。

東芝も東京電力も原子力発電というリスクリターンが合わない事業を行っていたという点で共通しています。

地味でパッとしないがリスクが低い事業を継続しているといのも銘柄を選ぶポイントだと思います。

それ以外にもいろいろと高配当銘柄を選ぶポイントはありますが、まずは倒産しないというのが大切です。



日本の本では珍しく配当を重視した戦略を解説しています。

0 件のコメント: