2017年9月8日金曜日

ゆるく生きたいから投資をするときの注意点 大損しない


ゆるく生きたいから投資をする

私もそうですが、ゆるく生きたい、楽して儲けたい、ゆくゆくは悠々自適の生活をしたい、という動機で投資をしている人は多いはずです。
まあ、声を大にして言うことではないですが、心の奥底ではそう思っている人が多いはず。

私自身、最近は資産運用が好調なので、だいぶ精神的な余裕も出てきました。
かれこれ18年近く、大損しないで投資を続けられれば、それなりの成果は出ます。

とにかく大損しないで10年投資を続けるとそれなりに成果が出ると思います。

働かなくていいわけではないけど、無理して働く必要もないという状態。アーリーリタイア未満だけど社畜になる必要はないという感じです。

ここまでくると精神的に楽ですね、会社の評価とかも気にならなくなります。(まあ、もともと仕事はできないんで評価は低いんですけど・・・。)

さて、話を本題に戻すと。
ゆるく生きたいから投資をする時に一番犯しやすいミスが、早く儲けたいというあまり資産を減らしてグルグルと同じ状態を回ってしまうことです。

ずばり、効率的に投資で儲けたいなら
  • 早くから資産運用を始める
  • 資産を減らさない
資産運用は早くできれば早い方がいいです。
それこそ後で楽をしたいなら新入社員時代から投資をしましょう。大学時代にアルバイトをして株を買うのでもいいです。私なんて楽して儲けたいと思っていたので大学時代から投資をしています。バイト代をコツコツ貯めて初めて買った株は大戸屋でした。かなり早くから投資をしていたので今、余裕が出てきました。

「資産を減らさない」も超大切です。
銘柄選択でミスをして資産を減らすと、減った資本でその損失分を回復する必要があります、凄く非効率的です。減った資本で損失を挽回するのは、ハンデをつけてゲームをしているようなものです。

効率的にお金を回したいと思っているのに、逆のことをしているんですよね。すごく無駄なので、この状態にならないように気を付けましょう。

少し運用額が増えると、気持ちが大きくなってリスクをとった取引をして損失をだし、グルグルと同じ場所(運用額が増えない)を回ってしまうことになります。増減を繰り返してなかなか先に進まない状態です。

まさしく「敗者のゲーム」で、ミスをしないということが大切になります。

どうしても成功する戦略、勝てる戦略を意識しがちですが、“ミスをしない”戦略というのも重要です。特に長期間続ける資産運用では“ミスをしない”というのは大きなポイントです。

損失を出さないようにして運用額を雪だるま式に増やしていくのが、資産運用ゲームの基本戦略です。

コツコツと早いうちから時間をかけてミスをしないで資産運用をすることが成功の秘訣です。

さらに言えば、
  • 「若いうちから幅広く分散されたインデックス運用をコツコツしつづける」
に集約されます。

私は、VB(アメリカ)、VGK(ヨーロッパ)、VWO(新興国)を対象としたETFに投資をして、下がった資産を買い増しする投資方法で資産がしっかりと増えています。


 私が大好きな本です、資産運用をすべきなら最初に読むべき本です。

0 件のコメント: