2013年11月29日金曜日

中国依存度が高い企業

中国のニュースで投資に役立ちそうな情報があったので備忘録がてらに、

「脱中国」加速…テロに泣かされる日本企業リスト

の記事で、「〈中国依存度が高いといわれる企業〉」が紹介されていました。
〈中国依存度が高いといわれる企業〉
◇ユニ・チャーム
◇日立建機
◇コマツ
◇クボタ
◇ダイキン
◇東レ
◇味の素
◇旭硝子
◇TDK
◇ファナック
◇日産自動車
◇イオン
◇商船三井
◇ファーストリテイリング
◇丸紅
◇伊藤忠商事
そうそうたる大企業ですが、味の素も中国の依存度が高いというのは意外でした、グローバル化しているとは聞いていましたが何となく東南アジアが多いのではと思っていたので。

中国は政治リスクも高いですが、人口も多いので「中国に進出しないリスク」というのもあるのでしょう。

個人的には中国の個別株なんかにも投資をしたいと思っているので、今のうちからコツコツと情報を集めています。

中国株投資の王道
バートン マルキール

マルキール先生の本は、長期的な視点で書かれていて面白いですね。


<関連投稿>
中国の発表する数字に不透明な部分があったら GDPと電力消費量の乖離
【中国株】中国の経済成長と投資家のリターンは同じではない
【中国株】中国の主要株式指数の紹介と一覧
【中国株】中国ETF アメリカ上場の4つの中国ETF←具体的なETFの紹介になります
【中国株】特定口座対応のマネック証券がおすすめ←具体的な証券会社の紹介になります

【本の紹介】【中国株】中国株投資の王道←お勧め本です
【本の紹介】ジム・ロジャーズ中国の時代←お勧め本です

0 件のコメント: