2014年5月19日月曜日

VIX指数(恐怖指数)の使い方 20%を大きく超えたら買い

VIX指数(恐怖指数)の一つの目安ですが、通常の値である20%を大きく超えたら買いのタイミングであると言われています。

因みに、VIX(恐怖指数)は、S&P500指数オプション・プレミアムに内在するインプライド・ボラティリティ指数でシカゴ先物市場に上場されています。市場心理を図る指標の一つで、アメリカ株式市場の不安度を示しています。

ウォーレン・バフェット氏もVIX指数(恐怖指数)が通常の20%を大きく超えた時に株を購入するようにしているとのことです。

VIX指数を見れば、必ず勝てるという指標ではありませんが、バリュー投資を基本にしているのでVIX指数が高い=市場の不安感が高い相場で割安に資産を購入したいですね。


簡単ですが、この本を参考にしました。



最近のVIX指数の動きです。ここのところは20%を下回っており、市場は安定しているようです。


5年のチャートです。直近で市場の不安がピークに達したのはリーマンショックあたりですかね、70%を超えています。


参考に、ここ一年のS&P500との比較です。株価が下がるタイミングとVIX指数が上がるタイミングが同じですね。

0 件のコメント: