2015年10月18日日曜日

夢は投資家のクワドラント

久しぶりに金持ち父さんシリーズを読みました。


(個人的に、ロバート氏は不動産投資で成功した投資家であり、あまり株式投資と関係がないですし、少し疑問に思う主張もあるので心酔しているわけではありません。ただ面白いなと思う主張もあるので、たまに本を読んでいます。)

金持ち父さんシリーズいわく、

E : 従業員

S : 自営業者

B : ビジネス・オーナー

 I : 投資家

の4つのクワドラントにカテゴリー・分類がされるそうです。

従業員、自営業者、ビジネスオーナーは何人かあったこともあるので何となく想像はできますが、投資家といわれるカテゴリーの人に会ったことはありません。

まあ、普通の人と住んでいる世界が違うのでしょう。

今まであったことがある中で、確かに時間が自由で裕福・リッチだなと感じたのは「ビジネスオーナー」です。

普通の人であれば、成功したビジネス・オーナーになれれば十分だと思います。(そもそもビジネスで成功することはかなり困難な道のりだと思いますが・・・)

そんなに大きくなくてもというか、10~20人位の従業員を雇いながらビジネスを回していると、大企業のサラリーマンを超える収入がありつつ、かなり時間が自由になるという印象でした。(小企業のオーナーでも順調にビジネスが回っているのであれば結構儲かるみたいです。)

順位をつけるのであれば、従業員 ⇒ 自営業者 ⇒ ビジネス・オーナー ⇒ 投資家 という順番ですかね。

株式投資をしている私としては「投資家」といわれるカテゴリーに憧れます。

0 件のコメント: