2013年10月17日木曜日

たばこ3社、消費増税後に最大20円値上げ検討とのこと

たばこ3社、消費増税後に最大20円値上げ検討
読売新聞 10月15日(火)
 日本たばこ産業(JT)などたばこ大手3社は、消費税率が上がる来年4月以降のたばこ価格を最大20円値上げする方向で検討に入った。

 税率3%分の増税分をそのまま価格に上乗せすると、1円刻みの値上げとなり、自動販売機で対応できないためだ。

 各社は、値上げ幅として10円または20円を想定し、一部銘柄は価格を据え置くことで、たばこ全体で3%の値上げになるよう調整する。そうした方針を10月中に財務省に報告する考えだが、どの銘柄を値上げするかは決まっていない。価格変更には、財務省の認可が必要で、各社は年内にも具体的な銘柄を決め、年明けごろに申請する方針だ。

またまた、タバコの値上げが検討されているようです。

残りの大手2社はどこなのでしょうか、フィリップモリス、ブリティッシュ・アメリカン・タバコですかね。

先進国では、この手のタバコ株に逆風となるニュースが多いです・・・

いつもこの手のニュースを聞いていると、投資する気がなくなってくるののもわかります、ソフトバンクのスーパーセル買収みたいな景気がいいニュースの方が気持ちが良いですし。


ニュースの影響だとは思いませんが、JTの株価も冴えませんね。

0 件のコメント: