2013年10月27日日曜日

「Finding Alpha via Covered Index Writing(レポート) 」の要点がBorn to Sellで紹介されてます

「Finding Alpha via Covered Index Writing(レポート) 」の要点がBorn to Sellで紹介されてます。

「Born to Sell」ではカバードコールの有益な情報が発信されているのでチェックしているのですが、今回の「Goldman Sachs Likes Covered Index Writing」もかなりお勧めの記事です。

詳細はリンク先によりますが、
カバードコール戦略がS&P500よりもリスクが低くリターンが優れている点が紹介されています。

まあ、この辺りは良く言われていることなので目新しさはないですが、「Alternatives To BXM」というのは面白かったですね。

ゴールドマンサックスが今回のレポートのためにBMXの改良版を作成して、いくつかのパターンを試したというものです。

結論として、限月を短くして2~5%のOTMのコールを売るのが効率が良さそうです。

ちなみに、元のレポートも詳しく読む価値がある内容です。
難しい数式もないので、ある程度オプションの基礎が理解できていれば読めると思います。

<参考にしている本>

kindle経由でアメリカから直接買うのが最もコストパフォーマンスが良いでしょう!

<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: