2013年10月30日水曜日

カバードコール(Covered Call)とキャッシュセキュアードプット(cash secured put) どちらが優れている?

カバードコール(Covered Call)とキャッシュセキュアードプット(cash secured put)どっちのリターンやパフォーマンスがすぐれているのか?どちらの戦略を採用するか?は悩ましい問題です。

私は、ETFの長期保有がメインなので必然的にカバードコールをメインとなっています。(最近はたまたまキャッシュセキュアードプットの取引が多いですが)
ただ、株式の長期保有・バイアンドホールドがメインでない場合、トレーディングがメインの場合はキャッシュセキュアードプットを主に取引するという選択肢もあると思います。

なぜなら、

1.リターンについてはキャッシュセキュアードプット(cash secured put)(プットのショート)が若干優れている(アメリカで「PUT」という指数があり、カバードコール(Covered Call)よりも優れているとの報告があります)

2.ポジションの清算がしやすいという点ではキャッシュセキュアードプット(プットのショート)の方が清算する取引が少なくポジションを簡単に閉じられる

色々と考えると、投資スタイルによりますがキャッシュセキュアードプット(cash secured put)をメインとするという選択肢もあると思います。

<参考にしている本>

kindle経由でアメリカから直接買うのが最もコストパフォーマンスが良いでしょう!

<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: