2014年4月18日金曜日

日本株に投資するアメリカのETF 日本株ETFでカバードコールとキャッシュセキュアードプットしたい場合

日本株に投資をするアメリカのETFの有名どころを紹介します。

まあ、普通は日本で投資をするならばわざわざアメリカ市場のETFを利用する必要はありません、アメリカ上場の日本株ETFを利用する利点はオプションが使えるからです。

iシェアーズのiShares MSCI Japan ETF(NYSEARCA:EWJ)

 規模が大きい日本株ETFで運用資産は136億ドルあります。

ウィズダムツリーのWisdomTree Japan Hedged Equity Fund(NYSEARCA:DXJ)

 運用資産は107億ドル。最大の特徴は為替ヘッジがされています。

ドイツ銀行のDBX ETF Trust(NYSEARCA:DBJP)

 運用資産は4億3700万ドル。

運用資産から判断すれば、「iShares MSCI Japan ETF」「WisdomTree Japan Hedged Equity Fund」が候補になります。


次に、オプションの流動性ですが。

結論から書くと、ウィズダムツリーのWisdomTree Japan Hedged Equity Fund(NYSEARCA:DXJ)の方がオプションの流動性が高くなっています。(運用額が少ないのにオプションの取引が活発というのも面白いですが。)

ウィズダムツリーのWisdomTree Japan Hedged Equity Fund(NYSEARCA:DXJ)のオプションの一覧です。
オプションが利用できる月も多く、流動性も高いです。



iシェアーズのiShares MSCI Japan ETF(NYSEARCA:EWJ)のオプションの一覧です。
オプションが利用できる月が少なく、流動性も比較的低くなっています。


要点をまとめると、

運用資産は、iShares MSCI Japan ETF(EWJ) > WisdomTree Japan Hedged Equity Fund(DXJ)

オプションの流動性は、iShares MSCI Japan ETF(EWJ) < WisdomTree Japan Hedged Equity Fund(DXJ)

ということで、長期保有を目的とせずに日本株のカバードコールとキャッシュセキュアードプットをしたいというのであれば、WisdomTree Japan Hedged Equity Fund(DXJ)を選んだ方が良いでしょう。

2 件のコメント:

Mao さんのコメント...

ご無沙汰しております。以前、相互リンクをさせていただいた「セミリタイア生活の綴り」の管理人のMaoです。
この度は、更新をまったくしないようになり、申し訳ございませんでした。ブログは消去いたします。
ishi pponさんに相互リンクしていただいたとき、とても嬉しかったです。
今後ともブログの更新を楽しみにしております^^

ishi ppon さんのコメント...

お久しぶりです、Maoさんのブログは良く訪れていました。
マイナーなカテゴリーのブログですがコツコツ更新していく予定なので、これからもよろしくお願いします。