2014年8月31日日曜日

BPのプットオプションが期限日前に権利行使される

BPのプットオプションが期限日前に権利行使されました。

期限日は9月20日でまだ3週間程度あるので、

期限日前に権利行使はないだろうと踏んでいたのですが甘かったですね、

ディープインザマネーになっている場合は、思っているよりも期限日前の権利行使があると考えた方が良さそうです。

どうしても権利行使をされたくないという場合は1ヶ月前にはポジションを清算することをお勧めします。

今までの経験上、1ヶ月以上前に権利行使をされることはありません。

3週間程度前の権利行使はディープインザマネーの場合はちらほらあります。

なおストライクプライスは$52.50だったので、かなりディープインザマネーでした。


<参考にしている本>

<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

2 件のコメント:

九八六 さんのコメント...

プットのアーリーエクササイズは配当落ちの直後がセオリーなのに、なぜ何日も経ってからなのか?自分はそこがとても気になっています。

ishi ppon さんのコメント...

そうなんですよね、私も少し調べたところ、28日に、インディアナ州ホワイティングにある石油・ガス企業ブリティッシュ・ペトロリアム社の製油所で爆発があったらしいんですよね。

日本語のニュースはないんですが、英語のニュースで少し報道されています。
28日にこのニュースを聞いた人がともかく手持ちの株を処分に動いているとかですかね?

ディープインザマネーになりすぎると流動性が低くなりスプレッドも開くので、あえて権利行使をする人もいるらしいです。

個別のニュースにすぐに反応するのは個人投資家には厳しいですね。

9/2にアメリカ市場が開いてBPの株価が急落していたら、権利行使をした人はかなり情報通かなと思います(笑