2014年11月4日火曜日

マネックス証券 ADR(米国預託証券)取扱第3弾 世界の有力企業一覧が面白い

マネックス証券で、2014年10月17日(金)より、

新たに29銘柄のADR(米国預託証券)が取引可能となったそうです。

紹介ページの世界の有力企業一覧が面白かったので紹介します。


手堅い企業だと思うのは、

ドイツの、Sap エスエイピー
ドイツに本社を持つ商用ERPソフトウェア(統合基幹業務システム)メーカー。ERPソフトウェアのグローバル市場において、過半のシェアを持つリーディングカンパニー。



ブラジルの会社なんかも夢があります、

Embraer エンブラエル なんかもシェアが高くて有名です。
リージョナルジェット旅客機市場において、トップシェアを持つ、世界第4位の旅客機メーカー。1994年に民営化し、1996年から引渡しを開始したERJ145が大ヒットし、大きく躍進している。
暇なときに、リストをつらつらと読むのも面白いですね。有力な会社は世界中に散らばっています。

<関連投稿>
マネックス証券のHPでウォーレン・バフェットのポートフォリオが紹介されています
「世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由」を読みました

0 件のコメント: