2016年6月18日土曜日

世界的には割高なJリート

Jリートは世界的に見て割高だそうです。

一般的に不動産は株式と債券の中間のリスクリターン特性をもつ投資商品だと言われています。

個人的にも、配当などのキャッシュフローを重視した運用をしているので、Jリートへの投資には興味があります。(以前はJリートインデックスへの投資もしていました。)

ただ、現時点ではJリート価格の純資産価値(NAV)に対するかい離幅はプラス62%となり、世界で一番高いそうです。

参考記事:日銀が大家に、面積バチカンの最大3倍-Jリートは世界1の割高




原因の一つとして、日銀がJリートに積極的に投資をしている点があります。

あとは、マイナス金利で消去法的にJリートが選ばれていることなどが考えられそうです。(債権と株式がだめなら、選択肢として不動産が残ります。)

まあ、この先どうなるか判りませんが、Jリートの価格が安くなり配当利回りが十分に魅力的になったら投資をしたいですね。

ちなみに、現時点で「REIT平均分配金利回り」は3.41%となっています。

分配金利回りが5%を超えたら投資がしたいですね~。なかなかそんな局面は来ないんですが・・・。


0 件のコメント: