2019年1月7日月曜日

2018年下期に投資した外国株


2018年下期に投資した外国株


2018年下期に投資した外国株は以下になります。
  • VWO Vanguard Emerging Markets
  • 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(つみたてNISA)
海外ETF(インデックスファンド)への投資は私のメインの運用になります。

2018年下期は2本の資産にしか投資しませんでした、非常にシンプルな運用ですね。あまりに、単純な運用なので記事にするほどのことでもないかと思いますが、一応報告しておきます。

2018年の前半から新興国は下落し始めたので、2018年の下期はアセットアロケーションのバランスを保つという意味もあり新興国に追加投資をしました。

初めに決めたアセットアロケーションに従い、ひたすら機械的に淡々と投資をしています。20~30年後に結果が出れば良いと考えています。


【つみたてNISA】について

「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」はつみたてNISAの枠を利用して投資をしています。

【つみたてNISA】は年間40万円までですが、20年間課税されません。

税金が有利になるようにお金を分配するのが資産運用のセオリーになるので、非課税の枠は積極的に活用しています。

既に資産運用歴が長い投資家の場合、【つみたてNISA】は少し使いにくいですが、リバランスの枠として活用するのは有効だと思っています。



「コストを抑えて幅広く分散された株に長期投資」「負ける(ミス)確率を低くする」が大切ですね。

0 件のコメント: