2019年1月1日火曜日

ブリヂストン(5108)に投資



ブリヂストン(5108)に投資

ブリヂストン(5108)に投資をしました。

投資した時期は12月下旬になります。12月下旬に起きた下落相場後に投資ができたので、個人的には安値で拾えたのではないかと喜んでいます。(今後、景気が後退すればさらに下落しますけど・・・。)

バリュエーションは割安で、分類ではバリュー株になると思います。PERも低く、配当利回りも高いです。

株価が安くて配当利回りが高いと、配当を再投資した際の効率があがります。

バリュエーションについて

バリュエーションですが

  • 株価:4,222円
  • PER:10.41倍
  • PBR:1.36倍
  • 予想配当利り:3.79%
  • 予想1株配当:160円
典型的なバリュー株になります、良い会社だと思うのですが、ここ最近は株価が冴えません。

10年のチャート



青がブリヂストンになります。10年間で見るとしっかりと上昇しています。

配当について



増配基調であるところは評価ができます。連続増配(花王のように)ではありませんが、増配をするスタンスというのは確認できます。引き続き減配の可能性は低いと思っています。


2012~2014年の増配率が凄いことになっていますが、平均してもそこそこに高い増配率だと思います。
業種や企業規模によりますが、3~6%位の増配がコンスタントに続いているというのが教科書的な増配銘柄になるので、6~7%の増配率はそれなりに評価ができます。



売上高、純利益について


売上高、純利益が横ばいなところは投資家受けは良くないですね。
個人的にはバックボーンがしっかりしている会社で業績が横ばいなタイミングで投資をして、配当を貰いながら長期保有するというのが好きなスタイルです。
ということで、現在のブリヂストンは私が好きな状況にあります。積極的に買い増しをしたい銘柄です。

株主優待について

株主優待はありません。
配当(増配)や自社株買いで還元をしてくれた方がうれしいので、優待がないことについてはポジティブな印象です。



配当狙いの投資は大損するリスクは比較的少なくなります。
高配当銘柄を10~15銘柄ほど選んでセクターを分散して投資すれば、かなりリスクを減らせます。

0 件のコメント: