2014年6月29日日曜日

若い時から節約をしてコツコツ投資が王道

若い時から節約をしてコツコツ投資をするのが一番リスクが少ない投資法だと思います。

「投資の大原則」を読みました

 投資の大原則を読みながら改めてそう思いました。

私はもうそんなに若くはないので無理ですが、もし20歳前半の人やそれこそ子供がいたら是非そういうアドバイスをしたいです。

時間は戻らないので“若い時から”というアドバイスは、実行できる人とできない人がはっきり分かれます。

それに、若い時ほどお金を使いたい誘惑も多いです。お金を使って楽しめることも沢山あります。

“若い時”から“節約”をしてというのは実は結構難しいことです。

それに、資産運用が目的という人はいないと思います。何らかの目標がありそのために金銭的余裕が欲しくて資産運用をしているはずです。

人によってそれは早期退職だったり、人生の質を高めるだったり、起業だったりさまざまだと思います。

あまりに、若い時から節約をしすぎると生活の下がりますし、資産運用が人生の目標になるのは悲しいです。

ということで、若い時から節約をしてコツコツ投資というのはシンプルですが実行が難しいアドバイスです。

早くからそのことに気が付いてバランス良く実行ができればそれなりに成果が出るはずです。

ちなみに、私が一つアドバイスを付け加えるのであれば、
早くから節約をして資産運用をするなら、大きく損をしないインデックス運用をすべきです。

どうしても投機をしたいというのであれば、ある程度資産額が大きくなってから十分可能です。
早い段階で大きな損をすると種銭が減り、資産運用の効率が一気に下がります。

資産運用の初めの段階では運用額が少ないのでリスクの高い運用をしたくなりますが(私もそうでしたが・・・)、資産額が少ない投資を始めた時こそ損をしない運用を徹底するべきでしょう。

<関連投稿>
中小型株のファンだメンタル分析 バリュー投資をやめてリターンが向上しました

0 件のコメント: