2015年1月15日木曜日

やりたいことをやる自由 やりたくないことをやらない自由

自由と言っても、

「やりたいことをやる自由 やりたくないことをやらない自由」

があると思います。


「やりたいことをやる自由」

はポジティブですし、どちらかというと「好きなことをしたい!」「好きなことをしよう!」ということで、世間でもこちらの方が良く話題にあがります。

ただ、冷静に考えると「やりたいこと」って意外と少ないです。(少なくとも私はあまりありません。)

どちらかというと「仕事」よりも「消費」に分類される行動が多い気がします。

個人的には、

・ゆっくりと旅行をしたい

・世界を見て回りたい

・朝、ゆっくりと時間をかけて美味しいコーヒーを飲む

・庭いじり(家庭菜園)に本格的に取り組みたい


「やりたくないことをやらない自由」

こちらはネガティブで消去法的ですが、「したくないことをしない自由」というのは本来的な欲求だと思います。(私はこちらの方が沢山あります。)

あまり、世間ではこちらをクローズアップはしていませんが、個人的には「自由」のなかに、したくないことをしない、性に合わないことをしないという行動が含まれます。

・満員電車に乗りたくない

・飲み会に行きたくない

・好きでもない仕事をしたくない

・性に合わない人と付き合いたくない

などなど、かなり量があります・・・


ということで、アーリーリタイアの話題になると、「好きなことをする自由」という文句が並びますが、「嫌いなことをしない自由」というのももっとクローズアップされてもいいのではないかと思います。



金銭的に余裕があれば、「したいことをして、したくないことをしない 自由」が手に入ります。


やりたいことや欲しいものはあまりないんですが、やりたくないことは沢山あります。
この本は、個人的には腑に落ちて好きなんですよね。
飲み会とか冠婚葬祭とかってホントに面倒です、半隠遁は分世捨て人に片足を突っ込んでいますが面白そうですね。



もう少しポジティブな方だとこの本が有名ですね。

<関連投稿>
「減速して自由に生きる: ダウンシフターズ」 は良書です
「クオリティー・オブ・ライフ=生活の質」を犠牲にしない投資
投資の目的は「自由時間の確保」
ぬこ氏が働くようです
Bライフと株式投資の相性って良さそう

0 件のコメント: