2016年8月4日木曜日

サイトの紹介 「海外株式速報」は面白い グローバル、高配当の海外銘柄への投資情報が豊富

サイトの紹介を紹介します。

「海外株式速報」というサイトなのですが、

グローバル、高配当の海外銘柄への投資情報が豊富で参考になります。

個人的には、「長期投資向き銘柄一覧」が参考になりました。



サイトの右側にこんな感じのリンクがあります。

セクターの分け方もマニアックで良いですね。

「生活必需品銘柄」「タバコ銘柄」「ヘルスケア銘柄」「資源・エネルギー銘柄」「通信銘柄」「小売・外食銘柄」「その他 銘柄」

一般的に高配当の会社はこの辺りのセクターに集中しています。世界的にそのような傾向が強いのは面白いです。

まあ儲かってコンスタントに配当が払えるビジネスモデルというのは限られているのでしょう。

「タバコ銘柄」


タバコ銘柄は世界的に寡占化が進んでいるので、ここに紹介されている銘柄がメジャーです。

「資源・エネルギー銘柄」

個人的には、石油や資源系も興味があります。メジャーな会社が紹介されています。


「その他 銘柄」

その他の切り口も面白いですね、マイクロソフトや3Mも個人的には長期投資向きの銘柄だと思っています。


また、「直近の注目イベント」で決算関係のニュースもフォローができるのは助かります。

グローバルに高配当銘柄に投資をしている人や、興味がある人には参考になるサイトだと思います。

(コンパクトかつシンプルにこいうサイトが作れる人は凄いと思います。スキルが高いのは羨ましいですね。)

個別株に投資をするのであれば、安定感のある大型株が良いと思います。そういう意味でもこのサイトで紹介されているような超大型株に分散して(20銘柄とか)投資をするというのは、有効な戦略だと思います。

ハードルがあるとすれば、ある程度の資金量がないと分散投資をするのが難しいというところでしょうか。

ただ、最近ではネット証券会社の外国株式売買の手数料も大幅に値下がりをしているので、以前よりかはコストのハードルが下がっていると思います。

SBI証券が米国株式の手数料大幅引き下げ 業界最安水準

ETFではつまらないという人は、コストがやすいネット証券会社を通して個別株に長期分散投資をするのは、インデックスをアウトパフォームできる可能性がある有効な戦略だと思います。

また、グローバル、高配当の海外銘柄への投資についてはシーゲル先生の本が参考になります。特に赤本と呼ばれるバージョンが高配当についての記載が多いと感じます。
(版により書かれている内容に違いがあるので注意してください。)

版により書かれている内容にかなり差があります。購入する前に本屋や図書館で、一度内容を確認することをお勧めします。特に個別株の考え方はかなり違いがあります。(私は全部の版を持っていますが、その様に感じています。)

0 件のコメント: